螺旋猛打

| トップページ | 全記事一覧 |

プロフィール

カプ

Author:カプ
22歳法学部生
主に、電車内で痴漢に間違われたときの対処法を学びました
法律全然関係ない業界に就職が決まってます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯アドレス


この間携帯アドレスを変えたばっかりだってのに、
今日、迷惑メールが4通もきてしまいました。
タダ恋ですって。
タダで恋できるんですって。
そもそもの前提として、恋は金で買うものらしい。
もしかして、それが資本主義社会というものなのか。
財産を投資しないと、恋人を作るどころか恋もできないのか。
これはもう、共産党に入党するしかない…!
(独り身まっしぐら)


前回のアドレスの大炎上っぷりに懲りたから、
freemlとか、限られたとこにしかアドレスを出してないのに、
迷惑メールがくるってことは、信用できるサイトなんてどこにもないのか。
それとも、単にアドレスが短すぎるからひっかかっちゃってるだけなのか。

「アドレス何にしよう→(手元にカフェオレがある)→cafe_au_laitでいいや」

マズかったのか。この安直さがマズかったのか。
もう少し、俺なりの個性を加えるべきだったのか。
俺なりの個性ってなんだ。俺に個性ってあるのか。
俺といえばなんなんだ。俺の「個」とは…



次からアドレスは「(手に持っているもの)_and_eros@docomo~」にします。
スポンサーサイト

参院選結果


民主大勝。

年金問題をみれば、諸悪の根源である社保庁職員が支持母体の民主が勝つわけはないし
格差問題をみれば、官民格差の官である地方公務員が支持母体の民主が勝つわけはないし
ましてや外交問題を考えれば、中韓に頭を垂れる民主が勝つと思えないし
政治とカネという観点でみても、自民と民主なんて目くそ鼻くそだし
閣僚の不祥事は、自民に入れない理由にはなっても民主に入れる理由にはならないし

それでも民主がこんなに勝つんだから、世の中は不思議でいっぱいだ。



民主支持の一票でなく、自民不支持の意味での民主への一票が多かったのでしょう。
第二党だから、自然な流れっちゃぁ自然な流れなんだけれども、
それでも、「自民がダメだから民主」ってのは短絡的に思えるんだよなぁ。
マニフェストを見れば見るほど入れる気にならんのですよ。


あとは、安部のカリスマの無さもデカい。同じ状況でも小泉ならこうはならないはず。
年金の件はほとんど運だけど、それらをうまく捌く能力がなかった。
運がない。人を見る目がない。その上、受け答えが下手糞ときてる。
可哀想なくらい首相に向いてなくて、お陰でマスコミにいいようにボコられて。
涙目で説教食らってんのはあまりに痛々しかったなー。


正直なところ、この争点、このマニフェストで民主が勝つのは
それ自体国民の政治に対する無関心を表してるようで嫌な気分だけど
とりあえず、公明党の弱体化がなされたのは大きな成果。
自民の寄生党だからか、創価の勧誘が無党派層を食えなかった。

自民も流石にここまで壮大に負けると思っちゃいなかったから、
少しは金持ちと距離を置いて国民に媚びる感じになるでしょう。
頑張って再チャレンジしていただきたい。

参院


参院選ですね。
自民はアレだけど、民主は絶対ナイからなぁ。
正直なところ、あまり投票意欲が沸きません。
支持したい政党がないというより、どこも支持したくない。
今のラインナップじゃ、きっとどう投票しても後悔するのでしょう。
「ベジータを不老不死にしてやってくれ!」と言ったときのクリリンの心境。
「こ、こんな奴に頼るしかないなんて…!」みたいな。
悟空がいれば、迷わず悟空に頼るのに…

小学校の体育館が会場らしいので、
ノスタルジーにひたるために行って来ます。

シャイニングスマイル


いつも講義を最前列で一人で受けてる小太りメガネの男性が、
絶対に接点などないであろう、ギャル系の女性らに囲まれてました。
「テスト前なんでノートのために声かけました」としか見えない状況。
男のニコニコ笑顔が眩しすぎる。そして哀れすぎる。スマイリー奴隷。
なんて幸せそうに利用されてるんだろう。
彼の今後の人生は光明に満ちているに違いない。
あくまで、主観的には、だけど。
そして、俺は御免被りたいけど。

こういうのって、楽しくサラリーマンをやる才能の一つだよなぁ。
ああいう利己的な連中を見るだけでムズムズする俺ってピュアすぎるかも…
もっとヨゴレなきゃ社会に出れない…!(全員無視)

アタマワルイ


でっかい地震があったそうですね。
当時、俺は吉祥寺を歩いてたんですが、
「お?揺れてるかな?」と感じました。
が、あんまり揺れてる時間が長かったので

「いくらなんでも地震でこの長さはないな…
    きっと俺のアタマだけ揺れてるんだろう…

という有り得ない結論で真面目に納得し、忘れかけてたんですが
帰宅後にでっかい地震があったというニュースを見てあらびっくり。
俺だけ揺れてたわけじゃなかったことを喜ぶべきか。
俺だけ揺れてるという勘違いそのものを憂うべきか。



ところで、生き物を飼うことを頑なに拒否し続けた母が遂に姉の熱意に折れ、
我が家でも犬を飼うことになりそーです。

母の提示した妥協条件
・毛が抜けない
・臭くない
・おとなしい
・吼えない
・ちっちゃい

「ぬいぐるみなら買っていいよ(プ」という皮肉にしか聞こえませんが、
どうしても飼いたい(らしい)姉は必死に情報収集してます。
ちっちゃい犬ってどれもこれもキャンキャン吼えそうだけどな…

地味に


ビリー停止中。
最初に二日続けてやったのですが、
翌日の授業4コマを全力で寝てしまい、
体と反比例して頭が悪くなりそうなので自粛してます。
ごめんよビリー。まだ俺の体はアンタみたいに黒光れない。
夏休みに入って失うものがなくなったら再開しようかと。


そういえば、昨日高校の友人と電車内で再会しました。
そいつはmixiやってた頃にマイミクに入れてたんですが、
何故俺が突然退会したのか、理由を散々問い詰めた挙句、
「再開しないとお前のねーちゃんにマイミク申請するぞ」などと脅迫。
そこでねーちゃんを引っ張り出す発想に脱帽。
地味だけど、ホントに地味だけど、すげぇヤダ。
なんてことを思いつきやがる。

流石にそんなもんで再開するなんて言うわけはないけど
小さくて地味な恐怖に苛まれる日々がスタート。

そこでオチがつくか


男ってのはバカな生き物なんです。
女の子とちょっと目が合っただけで
「アイツ俺に気があるんじゃね?」
と、勘違いしかねない。
それくらいバカなんです。


俺も男なので、それはもうバカなんです。
道行く女が全員俺に惚れてるとまで勘違いしかねない、
それはそれはハイレベルでエリートな超雄です。
日常生活の半分は憶測と勘違いで成り立ってます。

例えば、女の子に脈絡もなく突然

「ねぇ、話変わるけど、ホラー映画とか好き?」

とか聞かれたら、「あれ?誘いくる?これもしや誘いくる?」とか思うわけです。
いや、バカでなくてもそういう展開は予想すると思うんです。
むしろ、これはそうなるべき発言であると思います。
「あ、この子はホラー映画を見に行きたいんだな」
「そして俺に意見を問うということは、一緒に行きたいんだな」
こういった思考にいたる事は至って自然な流れなはずです。



「ここに試写会のチケットがあるんだけどさ、
 あたし、用が入って行けなくなったから代わりに行かない?」


まさかのオチ。

ビリー


ビリー初日



10分経過。
「え…これ…無理じゃね?」と思い始める。

20分経過。
恥も外聞も何もかもなくなり、
頭の中は目の前のビリーでいっぱいになる。

30分経過。
ビリー「ワンモアセッ!」
俺「何言ってんのヒャハハハハ!!」

50分経過。
ビリー「よし、スピードアップだ!」
俺「オーケェーイ!!」

ビリー「グッジョブ!!」
俺「イエーー!!ヒュゥー!!」


終了。
ビリー「ヴィクトリー!!」
俺「ヴィクトリィィィアアアア!!」



~感想~
・バックの人は全員恐らくなんらかのアスリート。
・ビリーがこまめに声をかけてくれるから続けられる。
・終了時にビリーへ湧き上がる感謝の気持ちは、半ば宗教的。
・12800円という値段に見合うだけの価値を感じられる。


部活で、四つの大学を集めて大々的にイベントを開きました。
ここ二ヵ月、そのことを考えるだけで激しくナーバスになってたんですが、
最終的に、他大にも好評で、最大最後の仕事は成功を納めることができました。
他大の説得、部員の突き上げ、そして上下の軋轢に胃をキリキリさせた日々…
思い出になったときの大きさは、した苦労の重さと比例します。

で、今は、全大学で飲み会をやった帰路です。
他大にポン酒やウィスキーを沢山飲まされて、みんな幼児退行しちゃいました。
俺は、すぐ吐くけど吐いたら元気系なので、介抱する側。
他人の世話してて帰れなくなる寸前だった。アブナイ。

明日は、夏合宿の候補地の情報をまとめてくるという宿題が。
今朝五時半に起きたけど、今晩は二時三時になること受け合い。
マジ俺働き者。
誰か、なぜ俺がお金のために働く気になれないのか教えてくれ。

あ、ビリー買いました。
とりあえず、四日提出の課題をやっつけてからレポします。
本二冊読まなきゃなのに寝込んだせいで全然読んでない!アヒャヒャ!

前後の記事の案内

前後のページの案内

Copyright © 螺旋猛打 All Rights Reserved.
バンド 募集 バンド メンバー 募集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。