螺旋猛打

| トップページ | 全記事一覧 |

プロフィール

カプ

Author:カプ
22歳法学部生
主に、電車内で痴漢に間違われたときの対処法を学びました
法律全然関係ない業界に就職が決まってます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふじ


物凄い勢いで不二家バッシングが噴出してますね。
こういう、一種のブーム的な叩き方は気に食わない。

食の安全の重要性ってのは確かに大事だし、法令遵守の精神も必要だ。
しかし、それのみを材料に、一方的に不二家を叩くことが正しいのか。
いつものことだけれども、マスコミは対象を社会悪認定することで
不必要に事態を広げ、更に過剰な社会的制裁を促している観がある。
今回の件で、不二家はもう立ち上がれなくなるほどのダメージを負うだろう。


そもそも、消費者は本当にそこまで食の安全に気を使っているのだろうか?


例えば、コンビニのおでんだ。
これは開け放ったまま何時間も外気に晒されている。
賞味期限を1~2日過ぎた食品の数十倍は恐ろしい。
ハエがとまってもわからないし、中に虫の死骸がいるかもしれない。
店内掃除のときに閉めるフタはあるのか?なければ埃がたくさん入る。
同様の理由で、スーパーの惣菜や、パンなども恐ろしいものだ。
埃や雑菌にまみれてると言えなくもない。


更に、少し古い話題になるが、アメリカ産牛肉だ。
賞味期限切れ程度、悪くしてもほとんどの場合入院程度ですむだろう。
ところがBSEにかかったら脳みそがスポンジになって死んでしまう。
10%で食中毒の食品と、1%で死亡する食品。どちらがより恐ろしいか?
その割に、アメリカの適当な検査体制に対する批判はおとなしいもので、
しかも、そんなアメリカ産牛肉を使うと表明していた某牛丼店は
牛丼再開の折、消費者に歓喜の声で迎えられた。


このように、消費者の食に対する安全意識など、わりかし適当だ。
俺も惣菜、パン、牛丼など、特に何も気にすることなく食べている。


結局のところ、食の安全だなんだを突き詰めて考えたら、
市場に出回っている商品など何一つ口に出来ない。
我々は今、そのような現実の上に立っている。
そんな中で行われた不二家の不正行為は
果たしてどのくらいのレベルの悪なのだろう。




更に、別の観点からもこの問題について考えてみる。

経費削減目的で、消費期限切れの食品を使った不二家。
ここで使わなければ、これらの食品は大量に廃棄されていただろう。

これは果たして正しいと言えるのだろうか?

日本では、消費を美徳とする風潮がある。
コンビニでは、売り切れなかった弁当はガンガン廃棄されるし、
食品に限らなければ、家電などは古いモデルがどんどん廃棄される。

青臭い発想だが、発展途上国の貧困層からしてみれば、
日本型の消費それ自体が暴力のようなものだ。
まだ使えそうな食品を無駄なく使うこの不二家の行為は、
むしろ称賛されるべきであるとも言えなくもない。



誤解しないでほしいのは、
別に不二家は悪くない!と言いたいわけではないこと。


ただ、文句を言うその前に、相手方の事情を様々な観点から考え、
自分の立場と社会の実情についても十分に考え抜いた上で、
それ相応の対応をしてもらいたい、ということだ。
今回のように一方的なのはどうにも許容できない。



・法令を守らないなんてひどい。
・しかもそれを隠蔽するなんて最低だ。
・食の安全性の問題はとても重要だ。


・でもそんくらいの食い物、いつも俺ら食ってるよね。
・ちょっと期限切れたくらいで捨てるの勿体無いよね。
・犠牲者らしい犠牲者は出てないよね。


さて、どのくらい天秤は悪の側に傾くか?
その罰としての今の扱いは適当かどうか?


少なくとも、あるある捏造事件で謝罪会見も行わない関西テレビは
不二家の叩かれっぷり、そして引責辞任・会見・商品撤去の事実と比べ、
あまりに公平でないと思うんだな、という、マスコミ叩きオチ。
スポンサーサイト

あるあるwwwwww


あるあるの話題。


あるある大辞典の信憑性は、別に今更騒ぐほどでもなぁ、と思う。
あれ、最初からかなり黒っぽいグレーだったじゃん。
10人20人程度の実験サンプルで科学的な結論を出そうだなんて
まともな研究者に喧嘩売ってるんじゃないかってくらいのエセ科学。
これじゃ、高校生がクラスメートにアンケートすれば誰でも大発見できちゃう。

こういう実験のサンプルってのは最低三桁は必要で、
しかもそれでも思うような結果がでないのが普通。
たかが数名のサンプルで、毎回番組になるような結果が出ているとすれば、
これはもう「疑わしい」ってレベルではなく、
疑う余地がないほどにアテにならない。


それでも「ちょっと試してみよっかな」程度の人はいるのは分かる。
全く信用しないまで行かずとも、「ダメもと」でやるなら理解できる。
「番組ほどの結果は出なくても、少しは痩せるかな」って人もいるだろう

が、まさか、この番組を全面的に信用しきってる人がいただなんて。
ブチ切れて抗議する人がいたという事実に驚いた。
テレビを盲信してしまう人は、確実にいるのだと思い知った。



あるある大辞典は、主婦の人気番組で、影響力も大きい。
でもこの問題の本質は、納豆業界がどうのこうのとか、
あるある大辞典という番組がどうのこうのとか、
そんなミクロな視点にとどまるものではないと思う。


民法キー局が
偽りの情報を流したのだ。
恣意的な編集ではなく
純然たる「捏造」だ。


テレビ局の職員だって人間だ。
偏向報道や、恣意的な編集は完全になくなるものではない。
しょうがないとは言わずとも、決定的ではない。
人間だもの、ですんでしまう面がある。


でも、今回は「捏造」だ。
情報を流すのが仕事なのに、
その情報が完全な嘘っぱちだったのだ。
「情報の提供」が唯一絶対の仕事なのに、
そこが信頼できなくなってしまうのだ。


情報が信頼できないということは、
とどのつまり、テレビの存在の意味そのものが揺らぐ。


捏造があの番組のみにとどまっている保証は、もはやどこにもない。
ダイエット食品が見当たらないから、あるある大辞典は捏造した。
同じように、スクープがないから捏造ニュースを流すかもしれない。


たかがバラエティ番組でインチキがあったくらいで
ちょっと話が飛躍しすぎだなーとは思いますが、
このことは不二家の賞味期限切れ食品と同程度、
いやそれ以上に重大なんじゃねーかと思う次第です。

ブラック業界


今日は大雨。
そんな日なのに、バイト先の規定のため仕方なく、
四ヶ月に一度の来社報告をしに北浦和まで行ってきました。


せっかく来たのだから、ということで
社の説明不足による限界スケへの対応を要求したんですが

一度契約したら、規定回数を減らすのは無理だの

一時代打を回そうにも空いてる講師がいないだの

結局、こんなようなサルでもできる模範回答を得るに留まりました
せっかくの講師登録制なのに、何故余剰人員を確保しておかないのか
まさか、キャパを超える依頼を無理に引き受ける無能なんて
この俺が所属する誉れ高き我が社にはいるはずがありませんよね
きっと千人くらい突如一遍にやめてしまったんでしょうね
会社がピンチなので俺も頑張ろうと思います


それでも、「暇な人間がいない」というのは腑に落ちませんね
俺が支店に入った時は暇人パラダイスって感じだったんですがね
目の前で勤務時間中に「明日餃子食いに行こうぜ!」と
堂々と電話してるアホは何故代打に行けないのでしょうか
もしや中学レベルの勉強も教えられないのでしょうか
少なくとも情操教育はやり直した方がいいかと思います


まぁピンハネ業なんてどこもこんなもんなんでしょう
なにしろ人を自分らの見えないとこで働かせてるわけですしね
情は一切移らず利益優先 至極分かり易い流れだと思います
客層の流動性が高いので少々信用が落ちてもたいした問題にならず
次の代の母を 次の次の代の母を 次の次の次の代の母を
無限に無限に騙し続けて利益をあげていくわけです

皆さん、家庭教師業界は全体的にかなりの勢いでウンコです
もし雇いたいなら、知り合いと個人契約するとかしましょう


家庭教師職そのものは割と好きなんだけどなぁ
無能が執る無為無策な采配に振り回されるのが気に食わんね
俺は将来絶対管理職以上になる

謹賀新年


ども、明けましておめでとうございます。
去年は、ブロガーとしては少々ピリッとしない一年になってしまいました。
学生としては、輝きのある一年でした。
オスとしては…触れるな。古傷が痛む。


mixiの普及により、ブログが下火になってきた感は否めません。
俺もご他聞に漏れず更新率は低下し、読者も激減しました。
それでも、

マンコー!!

とフォントサイズ5で叫べるのはここだけなので、
頭でっかちの童貞ブログはこれからも続きます。
皆さん今年もよろしくお願いします。

前後の記事の案内

前後のページの案内

Copyright © 螺旋猛打 All Rights Reserved.
バンド 募集 バンド メンバー 募集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。